群馬高原超力豚会では群馬県の様々なスポットをご紹介いたします。豊かな自然、優雅な温泉、歴史的建造物や近代建築、美味しい料理など群馬県には魅力がたくさん!安心満喫!

メールお問合せ 24時間受付中!
群馬高原超力豚会がご紹介!群馬高原超力豚会がご紹介する『超力豚』・『ぐんまの温泉豚』は販売はもちろん生産地である群馬県の魅力・地元温泉地のご紹介、YouTubeで地元企業様の紹介、購入者様と熱い絆を結びたい『ぐんまから世界へネットワークチャンネル』を配信します。

生産者である豚業界の巨匠佐藤のおやじが作り上げた販売豚の紹介と特徴

INTRODUCTION・FEATURES

写真:群馬高原超力豚会

・生産者である佐藤の親父は豚に携わって半世紀!素晴らしい巨匠です。中国黒豚とデュロックを掛け合わせ作り上げ誕生した新しいブランド豚の超力豚です

霜降りが最大の特徴であり一頭一頭に愛情を注ぎ生産量を減らしてでも育てていく姿勢が貴重価値を高めています

大きく力強いのが特徴である元は猪からの原種な為土の上で育て穴を掘る特徴を生かし環境をそのままに再現した育て方をしている

・走り回る→足腰が丈夫

・土を掘る→ストレスが無い

・堆肥土の上に居る酵素を食べ身体が丈夫

・飼育期間約2カ月長い→規格外に身体が大きい

※日本に存在する黒豚は元々中国から伝えられた黒豚であります。しかし見た目が黒くても黒豚とはバークシャー種であることが定義されています。
枝肉格付 申請いたしました!
枝肉格付 極上をいただきました。
ホームページをリニューアルしました!
食肉通信社に新聞掲載されました!

肉質の紹介

MEAT QUALITY

写真提供:株式会社ハヤシ

・中国黒豚の濃い味とデュロック(赤毛豚)を合わせた豚である為程よい味の濃さと融点の低い脂が特徴である為、肉に脂が霜降り柔らかい
・肉が柔らかいのが特徴で、もも肉にも霜が降っています
・和牛のような脂の白さがある
・酵素を食べている為臭さが無い
・ストレスが無い為脂に甘みがある
・イベリコ豚に似ている豚、環境、餌であるので肉質も似ている。
・枝肉にした後1週間熟成させる為水分が飛び濃い色の肉質になる、旨みが増す
・脂の融点が約30度と溶けやすい為、肉に差しが入りやすくなり霜降りになる。

超力豚成分報告

INGREDIENT REPORT
■分析先:財団法人日本食品分析センター
■分析番号:第20012850001-0101号
■提出日:2020年2月11日
■依頼者:群馬高原超力豚会
■検体名:超力豚
α-リノレン酸は不飽和脂肪酸の一つで、人の体内で合成することができない必須脂肪酸です。
ごま油やクルミに含まれており、体内でDHAやEPAに変換されてアレルギーなどを予防する効果があります。
イコセン酸の特徴はオレイン酸の特徴に加え、皮膚や細胞を柔らかくしたり、まだ研究段階ではありますが腸内脂肪の減少効果が得られるとし、今まさに製品化に向けて研究が進められている注目の脂肪酸となります。
植物油に多く含まれている 不飽和脂肪酸で、オメガ6(n-6)系脂肪酸に属します。
人間の体内でつくることが出来ないので、食物からとる必要があり、体の組織が正常に機能する上で欠かせないため必須脂肪酸と呼ばれています。
不足すると皮膚障害が生じることがあります。
また、血中コレステロールを上げにくいといわれています。
グレープシードオイルやコーン油、綿実油、大豆油に多く含まれます。
炭素数14の直鎖飽和脂肪酸。天然油脂、蠟成分としてグリセリド、エステルの形で広く分布し、とくにヤシ科植物の油、たとえばパーム油(1%)、パーム核油(14.1%)に含有される。
白色板状晶、甘酸っぱい味とココナッツ様風味をもつ。
53.8℃および57.5~58℃の複融点をもつ。
マカダミアナッツオイルやアボカドオイルに多く含まれる不飽和脂肪酸で、オメガ7(n-7)系脂肪酸に属します。
血中中性脂肪を下げる働きがあるといわれ、酸化安定性に優れています。
オレイン酸には血中コレステロールを減らして生活習慣病を予防する働きがあります。
「オリーブの原産地である地中海沿岸に住む人に心筋梗塞の発症率が極めて低い」という調査結果があり、オリーブの消費量と心疾患の発症率の低さには深い関係があることが分かっています。
人間の体内で合成することができる脂肪酸で、バターやラード(豚脂)、肉の脂身など
動物性脂肪に多く含まれています。
凝固温度が高いため、脂肪の多い肉を食べてから数時間経つと、脂肪分が固まって血液の粘度が高くなります。
したがって、飽和脂肪酸を摂り過ぎると、血液中にコレステロールや中性脂肪が増えて血液の流れが悪くなり、血液を通じて細胞などに運ばれる栄養素や酸素が充分に行き渡らなくなってしまいます。
そうなると、動脈硬化や心疾患などの危険性を増大させることになるので、飽和脂肪酸、つまり動物性の脂肪は過剰に摂取しないことが重要です。
脂肪の構成要素である脂肪酸のうち、植物や魚の脂に多く含まれるもの。
体内で合成できないため、摂取する必要がある必須脂肪酸はこれに含まれ血液中のLDLコレステロールを下げる効果があります。
  • 群馬高原超力豚会とは?
  • Mマート
    超力豚・ぐんまの温泉豚のお求めはこちら
  • ネットワークチャンネル
  • 生産地情報
  • 販売豚の紹介と特徴
  • SNS・更新情報
  • Mマート
  • ふるさとチョイス
  • au payふるさと納税
  • 楽天ふるさと納税
  • ふるなび

PAGE TOP